施工現場のご紹介 ~デザインコンクリート:モールテックス~

今回はちょっと趣向が変わったものをご紹介いたします。

さっそく画像をご覧いただきましょう!

IMG_0217

新潟日報メディアシップ内の飲食店様に

カウンター台を納めさせていただきました。

白い天板が美しいこのカウンター。

画像では分かりづらいかもしれませんが、

この天板はデザインコンクリート仕上げ。

肌触りの良い天然石のような風合いが、

お洒落な店内の雰囲気にとても良く合います。

 

IMG_0222

この商品は『モールテックス』。

優れた防水性と耐久性を持つだけでなく、

薄塗り材ならではの高い意匠性を兼ね備えています。

テクスチャーやカラーなどを追及すれば、

思いどおりのアイディアを表現することが可能です。

生活空間の壁面や床面、店舗や事務所など、

活躍の場は大いにあると思います。

 

IMG_0219

木材や石材、陶器や金属など、

異なる素材とのマッチングもよい『モールテックス』。

下地を選ばない施工性の高さ、

廃材などが出にくい環境面への配慮など、

目に見えない部分でも良質なパフォーマンスを

発揮します。

当社1F展示スペースにて

施工商品をご覧いただけますので、ぜひお越しください!

 


施工現場のご紹介 ~ラウファーザー+ケリーモアペイント塗装~

各地で続々と桜の開花が伝えられていますね。新潟での開花が待ち遠しいところです。

天候が穏やかな日が続いているので、開花も早まるかもしれませんね。

さて、今回は内装工事の現場のご紹介です。

優れた機能性と落ち着き・広がりを併せ持った素敵な空間になりました。

 

 

階段塗装中廊下塗装中

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は塗装仕上げ。ラウファーザー貼りの後に、ケリーモアペイントを仕上げ材として塗装していきます。

階段・廊下周りの施工中ですが、白い壁面はすでにラウファーザーが貼られています。

 

ラウファーザーは、ドイツ産のペイント用下地壁紙です。

今回使用したのは、一般的な【チップス】ではなく、【ヴァリオフリース】と呼ばれるシリーズです。

100%フリース素材(不織布)で、塩化ビニールや可塑剤を一切使用しておりませんので、

強度に優れ、複数回の塗り重ねも可能です。

今回は表面に凹凸のないフラットなものにし、真っ白い仕上げを目指します。

 

缶

こちらが、ケリーモアペイント。

アメリカ・カリフォルニア州にある、プロから最も厚い支持を受けるペイントメーカーのものです。

インテリア向け塗料として、完全ノンVOCであるこのペイントは、

【SCS-GOLD】を取得した、環境保護の観点からも優れた塗料といえます。

※【SCS-GOLD】…世界で一番厳しい認定基準をもつ、室内の空気環境を認定する機関から定められた、最上級の認定を指す

 

 

全体階段完成

 

 

 

 

 

 

 

 

木のぬくもりが、白で統一されたお部屋に溶け込んで、落ち着きのある空間になりました。

今回のカラーはWS-7。艶のないフラット仕上げです。

ケリーモアペイントは2000色以上のカラーバリエーションで、お住まいを思いどおりのカラーで表現出来ます。

ビニールクロス上からも塗ることが出来ますので、お部屋のイメージチェンジにもお役立てください。

 


施工現場のご紹介 ~施設内装補修工事~

今日はいい天気です。新潟の冬とは思えない穏やかさです。

春もだんだん近づいている、そんな気がします。

 

さて今回は、とある施設の補修工事の様子をご案内いたします。

年数が経てば、どんなところでも汚れたり傷んだりするもの。

不特定多数の方がご利用になられる場所であれば、それらの手当ても大切になります。

 

IMG_0107 IMG_0108 IMG_0116

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイルカーペット貼りの階段です。長年の使用により、モルタル面に凹凸が発生してしまいました。

踏面に凹凸があるのは非常に危険ですよね…。こういう箇所がかなりの数量で発生していました。

モルタル面の調整から、仕上げのカーペット貼りまで、当社で一貫して対応させていただきました。

 

使用頻度が非常に高いホールのようで、かなり厳しいスケジューリングを強いられたものの、

なんとか期間内に納めることが出来ました。これで安心してご利用いただくことが出来ます!

 


カーテン展示コーナー リニューアル

社内にあるカーテン展示コーナーをリニューアルいたしました!

今回は当社のカーテンについてご紹介いたします。

まえ 1 まえ 2

 

 

 

 

 

 

 

以前はこのような感じでした。ひと通りのものはご覧いただけていましたが、

インテリアを選ぶのにはやや華がないというか、ちょっとシンプルすぎるというか。

 

あと 2

あと 1

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしょうか。以前と比べると雑然さが消えて、

より広くゆったりとご覧いただけるようになったと思います。

カーテンとあわせてお楽しみいただけるように、いま注目の輸入壁紙の展示も増やしました!

照明も一新して、お店らしい雰囲気になりました。

 

あと 3国内外のメーカー品から、

オリジナル企画『カーテン22パック』、

ナチュラルリビングを引き立てる自然素材のカーテンなど、

お客さまにインテリアを選ぶ・住まいを彩るたのしさを

ご提供していきます。

ブラインド類の展示も充実し、

近日中にはカーテンの新アイテムも登場します。

 

ぜひいちど、ご来店ください。他のお店にはない『お気に入り』が見つかるはずです!


施工現場のご紹介 ~浴室タイル張り工事~

年内最後の更新になります。

外壁工事の際には必ず登場してきた下地材:UTクリートですが

今回は浴室内のタイル張り工事の下地材としてご採用いただきましたので、

その工事の模様をお伝えしたいと思います。

 

下地 施工前です。天井・壁にUTクリートを施工していきます。

 

UTクリートは、

湿式塗装、タイル、煉瓦、天然石などの下地材、

また乾式材も含め幅広い外装下地材としてはもちろんのこと

曲面壁にも対応できます。

 

ボード張り

UTクリート施工開始しました。  

中央付近の開口部もきれいに巻き込んであります。

 

丸鋸で簡単に切断できるので、

細かい作業も対応がスムーズに出来ます。

 

 

ボード棚

こちらもボード施工中の様子です。

棚ですね。

 

非常に凝った造りになっていますが、

どんな仕上がりになるのか…。

 

 

タイル棚

こうなりました!棚までタイル張り!

奥の壁面はグリーンのタイルでアクセント。

こだわりを垣間見ることが出来ます。

 

UTクリートは水分は吸収しますが、濡れても膨張することなく、

また乾燥後劣化したり腐食することもありません。

耐久性が求められる外壁・内壁をはじめ、

トイレ、浴槽などの水周り部の下地材として最適です。

 

タイル

全体の仕上がりはこのような感じに。

白いタイルは清潔感があってきれいですね!

中央の3つの開口部もおしゃれです。

一般的なユニットバスの浴室にはない

個性ある空間が生まれました。

UTクリートの持つ多様性がご紹介できたと思います。