施工現場のご紹介 ~ラウファーザー+ケリーモアペイント塗装~

各地で続々と桜の開花が伝えられていますね。新潟での開花が待ち遠しいところです。

天候が穏やかな日が続いているので、開花も早まるかもしれませんね。

さて、今回は内装工事の現場のご紹介です。

優れた機能性と落ち着き・広がりを併せ持った素敵な空間になりました。

 

 

階段塗装中廊下塗装中

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は塗装仕上げ。ラウファーザー貼りの後に、ケリーモアペイントを仕上げ材として塗装していきます。

階段・廊下周りの施工中ですが、白い壁面はすでにラウファーザーが貼られています。

 

ラウファーザーは、ドイツ産のペイント用下地壁紙です。

今回使用したのは、一般的な【チップス】ではなく、【ヴァリオフリース】と呼ばれるシリーズです。

100%フリース素材(不織布)で、塩化ビニールや可塑剤を一切使用しておりませんので、

強度に優れ、複数回の塗り重ねも可能です。

今回は表面に凹凸のないフラットなものにし、真っ白い仕上げを目指します。

 

缶

こちらが、ケリーモアペイント。

アメリカ・カリフォルニア州にある、プロから最も厚い支持を受けるペイントメーカーのものです。

インテリア向け塗料として、完全ノンVOCであるこのペイントは、

【SCS-GOLD】を取得した、環境保護の観点からも優れた塗料といえます。

※【SCS-GOLD】…世界で一番厳しい認定基準をもつ、室内の空気環境を認定する機関から定められた、最上級の認定を指す

 

 

全体階段完成

 

 

 

 

 

 

 

 

木のぬくもりが、白で統一されたお部屋に溶け込んで、落ち着きのある空間になりました。

今回のカラーはWS-7。艶のないフラット仕上げです。

ケリーモアペイントは2000色以上のカラーバリエーションで、お住まいを思いどおりのカラーで表現出来ます。

ビニールクロス上からも塗ることが出来ますので、お部屋のイメージチェンジにもお役立てください。