施工現場のご紹介 ~ラウファーザー+ケリーモアペイント~

今回は、ペイント仕上げの内装工事の完成現場をご紹介します。

壁紙でも塗壁でもない、個性が際立つ仕上がりになっております。

 

こいあお

海を連想させるかのような

深みのあるブルーが印象的な一面の壁。

どこにでもあるアクセントクロス仕上げかと思いきや、

どうもそうではないような・・・。

 

よく近づいてみますと・・・

 

こいあおアップ

表面に凹凸があるのがお分かりいただけると思います。

これはペイント仕上げをする前に、

塗装用下地壁紙【ラウファーザー】を貼り、

その上からペイントで仕上げたところです。

通常のビニールクロスでは表現できない、

わずかな凹凸が独特の表情をもたらす仕上げです。

 

みずいろ

違う部屋では、あざやかなスカイブルー!

突き抜けるような青空を連想させてくれます。

使用している塗料は【ケリーモアペイント】。

アメリカのプロユース向けに絶大な支持をうける塗料です。

3000色を超えるカラーバリエーションと優れた施工性で、

どなたでもきれいに仕上げることが出来ます。

 

みどり+カーテン

今度はグリーンの部屋。カーテンもカラーを合わせた

コーディネイトになっています。

お部屋の【カラー】にこだわりを持ちたい方なら、

ペイント仕上げは特にお勧め。

思い描く理想のインテリアを実現できること

うけあいです!

 

【ラウファーザー】は、自然素材で形成されているドイツ生まれの塗装用下地壁紙です。

再生紙や木のチップなどを用いているため、生産から廃棄に至るすべてのプロセスにおいて

環境に最大限配慮した商品といえます。

複数回の塗り重ねも可能ですので、お部屋のイメージを一新したくなったら、

現状の塗装面の上から新しく塗装してしまえば、あっという間にお部屋のイメージも様変わりです!

 

塗装した跡が残りにくい塗料なら、お子さんといっしょにお部屋の塗り替えも楽しめます。

ファブリックでは用途に応じたペイントのご提案が出来ますので、ぜひお気軽にご相談ください