施工現場のご紹介 ~エイジング工事あれこれ~

ついに12月を迎えました。師走です。

師も走るほど忙しい時期ですが、我々も走り回っております!

 

DSCF0641 今回は、【エイジング工事】についてご案内しましょう。

 ペイントにせよ、塗壁にせよ、

 もちろんそれだけで味わい深い仕上げになるのですが、

 そこのもうひと手間加えると、

 さらに深みのある趣きが出てきます。

 手作業で行うこの作業、職人のセンスが問われますね。

 

 

 

DSCF0836

 扉です。

 ぱっと見ただけでは、これが新品だったとは思えないでしょう。

 ずっと昔からそこにあるかのような、

 時の流れが止まっているかのような、

 そんなたたずまいです。

 ドアノブもアンティーク調です。

 

 

 

 

DSCF0845

 カウンターです。

 ちらっと機材も見えますが、こちらはお店です。

 お店の出入り口にあるこのカウンター、

 お店の顔的な存在になってくれています。

 落ち着きを感じますね…。

 

 

 DSCF0846

 吊戸棚です。

 普通の収納扉とは全然雰囲気が違います!

 フレームやノブもこだわってチョイス。

 気品ある仕上がりになりました。

 

 

 

DSCF1281

 こちらは現場が変わりまして、

 ご新築のお住まいのドライウォール工事です。

 こちらにもエイジングをかけています。

 折上天井といい、ケーシングといい、

 好きな人にはたまらない雰囲気だと思います。

 存在感がありますね。

 

 

エイジングは、最近とくにご要望を多くいただいています。

ただ新しいだけでなく、時間の経過という深みを室内にもたらすことができると思います。