施工現場のご紹介 ~アンティーク調塗装仕上げ~

6月も終わりを迎えようとしています。もう半年終わってしまうんですね!

気を引き締めていきたいと思っております。

 

さて今回は、ちょっと変わった工事の様子をご覧いただきたいと思います。

塗装は塗装でも、ただの塗装ではない、遊び心あるというかオリジナリティに富むというか、

そういうヴィンテージ感覚のあるお店をただいま工事中です。

ではさっそく!

 

まえ 造作中のこちらの収納。

 特に変わり映えのない見ためですが、

 これが驚くべき変化を見せるのです。

 さあ、どうなりますか・・・。

 

 

 

 あと

 こちらが手を加え始めた画像です。

 どうでしょう!

 ヴィンテージ感を強く感じる、

 印象的な仕上がりになってきたでしょうか。

 アンティークなホワイトと、濃い板目のブラウンが、

 よいコントラストです。

 

 ドア枠

 こちらは建具の枠です。 

 こちらもよーく見ると、アンティーク調の

 仕上げを施しています。

 これだけ離れて見てみても、 

 明らかに雰囲気が違います。

 

 

枠アップ

 近づいて撮ってみました。

 塗料の剥がれ具合が、 

 いかにも時間が経ったような風合いを演出。

 存在感がまるで違いますね!

 

 

 

沸くアップ2

 違う角度から。 

 こんなところにこだわってみると、

 お部屋のイメージもだいぶ変わってくると思います。

 古さと新しさが混在した、

 おしゃれな内装になりつつありますね。

 

 

造作、とそうまえ

 エイジング工事はまだ3割程度の進捗。

 これから建具やカウンター、

 入口ドアなどを仕上げていきます。

 こういうきれいな材料が、

 いい味を醸し出す仕上げになっていくわけです。

 次回は完成したお店をご紹介します。