施工現場のご紹介 ~ダイアトーマス~

今回は、以前にご紹介した新商品『ダイアトーマス』の施工現場をご紹介します。

 

ダイアトーマスは、自然素材を主に生成された内装用の塗壁材です。

空気の調湿機能や臭いの吸着、抗カビ・抗菌機能など、

塗壁材に求められる機能は兼ね備えていますが、

それだけではない高い機能性が、ダイアトーマスにはあります。

 

 

画像ではお伝えすることは出来ないんですが、

ダイアトーマスの特性として、

臭いのもととなる化学物質の

吸着だけでなく分解まで行うことが挙げられます。

分解能力がある材料は非常に稀ですね。

 

耐久性・耐水性にも優れているため、

今まで敬遠しがちだった場所にもお使いいただけます。

塗り壁ならではの高級感・風合いを

余すところなくお楽しみいただける材料です。

詳細につきましては、当社ホームページを

ぜひご覧になってください。

 

 

今回はシルクグレイ色を施工しました。

落ち着きや深みが感じられる雰囲気に仕上がりました。

カラーバリエーションも豊富ですので、

お住まいのリフォームなどにも是非お役立てください。


施工現場のご紹介 ~外壁塗り壁リノベーション~

昨年末に、外壁を塗壁にするリフォームのお話しをしました。

天候が落ち着き、建物の外部の工事も着々と進む時期になりましたが、

先日施工が完了したお住まいのご紹介をしたいと思います。

 

こちらが施工前の状況です。

外壁を直すにあたり、どんなやり方がよいのか、

思い描くような希望を実現できるものは何なのか、

おそらくいろんなことをお考えになられると思います。

 

 

 

今回は塗り壁を基本としたリノベーションになりました。

事前に、外観のイメージ図を作ります。

塗り壁のいいところは、ほかの素材との相性が良いこと。

木や鉄など、異なる素材が混在することで、

より深みのある雰囲気に仕上がります。

こうした打ち合わせを経て完了した現場が、こちら!

 

サイディングを剥がさずに、塗り壁を施工しました。

様々な意匠をちりばめたお住まいの新しい外壁。

見違えるような仕上がりになりました!

随所に色の違い・表情の違いが見て取れる、

素敵な仕上がりだと思います。

 

近づいてよく見てみると…

そう、石や木に見えるこれらの部分は、

デザインコンクリートで作成したものなんです。

きれいにするだけでなく、経年した風合いも表現できる

デザインコンクリートならではの手法です。

 

いかがでしたでしょうか?塗り壁本来の風合いを

楽しんでいただけるのももちろんですが、

サイディングを廃棄することで発生する環境への負荷も、

この方法なら廃材も出さずに

美しいリフォームが実現できます。

 

 

既存の外壁をそのままに、全く新しい外壁のご提案が可能です。

ぜひご検討いただきたいと思います。

ショールームに施工サンプルもございますので、お気軽にお問い合わせください。

 


新商品のご紹介 ~内装用塗り壁材:ダイアトーマス~

2018年最初の投稿は、新商品のご紹介になります!

 

内装用塗り壁材【ダイアトーマス】をご紹介します。

この度、当社はエバーウォール社と代理店契約を結び、

当商品の販売・施工を進めてまいります。

今後、ホームページにて詳細を掲載いたしますので、

今回は主な特徴だけご紹介します。

ダイアトーマスは、世界最古の天然素材『ケルザイム』を使用した、

高品質・多機能・高性能な内装用塗り壁材です。

 

 

 

調湿性、吸着分解力、効カビ・抗菌効果、省エネ効果、

耐水性・耐久性、耐摩耗性などが特徴として挙げられ、

お住まいの室内環境を守ります。

年々高まる塗り壁の需要に一致する、高性能の材料です。

 

 

主成分である『ケルザイム』は、カルシウムとミネラルが凝縮した海洋藻類の化石です。

多孔質の形状だからこそ得られる様々な機能性と、

カルシウム補助食品やスキンケア製品などにも転用される安全性も高い魅力です。

 

ダイアトーマスのしっとりとした質感が、お住まいのインテリア性を高めるだけでなく、

ビニールクロス上からも施工が可能な材料ですので、様々な場面でお使いいただけます。

ぜひお住まいのインテリアにお役立てください!

 

詳細は後日、当社ホームページに掲載いたします。改めてご確認いただければと存じます。

お問合せにつきましては、当社営業担当またはお電話にてご連絡ください。


外壁を塗壁にしよう ~外壁塗り壁リフォーム~

いよいよ12月になりました。1年の総決算ともいえるこの季節。

少しでも多くの耳寄りな情報をお伝えできればと思います。

 

さて、外壁を直さなければならないとしたら、

お客様は何を気にされるでしょうか?

見た目の美しさ、機能性、予算など、

考えなければならないことは多くあります。

しかし本音としては、

自分自身が思い描く理想に近づけたいもの。

一般的なサイディングではなく、

もしここから塗り壁ができるとしたら…

 

そこで今回は、既存の外壁を塗壁にした現場をご紹介したいと思います。

 

先ほどのお写真が施工前、こちらが施工後です。

おしゃれで穏やかな雰囲気を持った

お住まいに生まれ変わりました!

道路際にはデザイン壁もご用意させていただきました。

いかがでしょうか?

今までの建物の雰囲気が一変しましたよね。

 

見た目の美しさも魅力の一つですが、この方法のメリットとして、

余分な廃棄物が出ないということもあります。

既存の外壁を下地としてそのまま使用しますし、

様々な下地に対応出来ますので、ぜひご相談ください。

 

サイディングを張り替えたり、塗装をし直したり、といった従来のリフォームとは違う、

新しい外壁のリフォーム方法と言えると思います。

天候の悪いこの時期にじっくりとお考えいただき、

諦めかけていたかもしれない塗り壁のあるお住まいを実現しましょう。

 

 

 

 


施工現場のご紹介 ~塗装工事、塗壁工事~

今回はさっそく施工が終わった現場を

ご紹介していきたいと思います!

まずこちらは塗壁工事を行ったお部屋です。

ドライウォールで下地をしっかりと補強した後に、

ハミルトンウォールを施工しました。

穏やかで優しい雰囲気があります。

 

別角度からです。

塗壁や塗装の際の下地となるドライウォール工事では、

より美しく仕上げるための様々な専用部材があります。

出隅やアーチを表現するために欠かせない部材ですが、

壁面の補強とより美しい仕上げのための準備が、

ドライウォールによってより高いレベルで実現できます。

 

ハミルトンウォールはフラットに仕上げました。

手間のかかる仕上げですが、

お部屋に落ち着きをもたらします。

オフホワイトの色合いも、

お住まいのナチュラルな雰囲気に

よく似合っています。

 

続いては、外部の塗装工事の様子を。

高く積んだブロック塀にモルタルを塗りこんでいます。

一見何の変哲もない塀のように見えますが、

仕上げていくと雰囲気が一変していきます。

 

 

 

 

 

塗装後の写真がこちら。

純白の、高級感が漂う仕上がりになりました。

実はこちら、撥水性能を有した塗料なんです。

雨が降ることで壁面に付いた汚れを落とすことができる、

いわば自浄作用を持たせた仕上がりになるわけです。

 

 

お住まいの外観はこんな感じです。

外壁も白で統一してあり、美しい仕上がりです。

外国のリゾート地にある建物のような風貌ですね。

ドライウォールや塗壁・塗装の

各仕上材の詳細につきましては、

ホームページや各担当者までお問い合わせください。